雛人形供養・処分方法

トップページ


雛人形の処分でお困りなら…

物置の奥で埃をかぶった雛人形…。

恨みがましくこちらを見ている気がする…。
早く処分したいけどなんだか怖い…。


このようなお悩みなら、雛人形のお祓いという方法がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、もしかして霊症?というような何かがある場合は、即対応してくれるサービスを選ぶのがポイントです。

小さい頃から妙に雛人形が怖かった…


雛人形の能面のような顔が本当に怖い…。

何度も捨てようと思ったけど、そのたびに何とも言えない不安に襲われ先延ばしにしてしまっている…。

悪いことが起こるたびに、何故だか急に雛人形を思い出してしまう…。

このように気になっている場合は、「雛人形の供養・お祓いをしてもらう」というのも一つの手です。

【お急ぎの方へ】
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円で雛人形やぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


雛人形の処分について

雛人形の処分方法はいくつかありますので、ご自身が一番納得できる方法で雛人形を処分しましょう。

■ ごみとして出す

手っ取り早い処分方法はこちらですね。

雛人形やお飾りは燃えるごみとして処分することができますが、ガラスケースは不燃ごみもしくは粗大ごみになりますので、詳しくは居住地域のゴミの出し方をご参照ください。

■ メルカリやヤフオクで出品する

状態が良好の物や有名なメーカーの雛人形であればメルカリやヤフオクで買い手がつく可能性があります。

梱包や発送の手間はかかりますが、大切な雛人形を誰かに引き継いでもらえると思えば嬉しいですね。

■ 誰かにあげる

もしかしたら、今あなたの手元にある雛人形も昔、お母さんやお祖母さんからいただいたものかもしれませんね。

娘さんやお孫さんが生まれるまで待つというのも1つの方法です。

■ リサイクルショップに売る

ケース付きだったり、ある程度品質がよいものであればリサイクルショップなどのお店で売ることもできます。

リサイクルショップの場合大した金額は期待できないかもしれませんが、処分費用がかかるくらいなら…という感覚で査定してもらうのはありだと思います。

■ 寄付する

不要になった雛人形をリユース・リサイクルすることで、発展途上国の子供たちへの支援としてポリオワクチンの募金をしている団体があります。

ガラスケース入りで購入から7年以内、程度が良いものであれば引き取ってもらいやすいとのことです。

■ 神社やお寺で供養してもらう

雛人形供養は全国各地の神社やお寺で行われています。

そのままゴミとして捨てるのは忍びない、なんだか祟られそうなどといった理由で、お焚き上げを希望される方は少なくありません。

地域によってはお近くに雛人形供養を行っている神社やお寺が無かったり、決められた時期にしか行われていないということがあります。

また、お布施代が意外と高額だったというケースもあるようですのでご注意ください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

雛人形供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

雛人形の処分について まとめ

あなたの家の雛人形、最後に飾ってあげたのはいつですか?

何年あるいは何十年も埃をかぶったままというご家庭も多いのではないでしょうか。

捨てようと思えばいつだって捨てられるはずなのに、踏ん切りがつかない。

特に先祖代々の雛人形であればご先祖様の念がこもってそうで、捨てようものなら祟りに遭いそうでちょっと怖いですよね。

そこで、おすすめしたいのが「雛人形の供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫です。

各配送業者で対応している一般的なダンボール箱に入れて送付してください。

Q. 送った雛人形はどうなるの?

A. 処分ないしは寄付されるとのことです。

お祓いが終わった雛人形は処分ないしは寄付という形で対応してもらえるとのことです。

お祓いの後に返送を希望する場合は別途相談とのことでした。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に入れてください。

古すぎて布地がボロボロになっているものや臭いなどがあるものは、透明な袋にいれてからダンボールに入れると受け付けてもらえるようです。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫ですか?

A. 大丈夫です。

人形のお祓いと供養の専門サービスなので、そのような雛人形も安心してお任せできます。

送ってすぐ対応してくれるのと、メールで連絡をしてくれるのでその点も安心です。


人形供養コラム

古い人形はそろそろ捨ててしまいたいのだけどそのままゴミ袋に入れるのはなんだかしのびない。

神社でお焚き上げを希望しているけども人形供養のお布施っていくらするか検討もつかないので結局処分できずにいるという方はいませんか?人形を処分するのにお金がかかるの?と思われた方、初詣の時のお守りのように無料でお焚き上げをしてくれませんよ。

肝心の金額についてですが、宮司さんに聞くのはちょっとと思う人も多いですよね。

そんな人形供養にお困りの方におすすめなのが料金が明確な人形供養専門サイトです。

ひな人形とかって捨てるのちょっと怖くないですか?付喪神じゃないけど捨ててもまた家に戻ってきてしまうような…。

よくある怖い話を思い出してなんだか捨てられない、そういう人多いと思います。

そんなときは家の近くの人形供養をしてくれる霊媒師の方に相談されてみてはいかがでしょうか。

万が一なんらかの霊がこもっていたとしてもお祓いをしてもらえば怖くありません。

小さい頃いつでも一緒にいたお友達はお人形だったという人もいるかと思います。

そんなお人形、今ではちょっと邪魔者になってはいませんか?お人形を捨てられない人にその理由をたずねてみたところ、思い出がよみがえってくるので捨てられない、お母さんの手作りだから捨てられない、ガラスケースに入っているお人形だからなかなか捨てられない、小さい頃の自分にとって友達のような存在だったから捨てられない、人形を捨てたら呪われるというイメージがあるので捨てられないといった理由が寄せられました。

お人形の処分方法にお悩みの方は人形供養でお焚き上げがおすすめです。

近頃は神社に行かなくても、専用のサイトから手続きできるところもありますよ。

人形の町岩槻では人形供養祭というものが毎年開催されています。

飾らなくなったお人形や壊れてしまったお人形を供養してくれるというものです。

供養の対象商品は雛人形やぬいぐるみなどです。

五月人形の鎧や兜なども対象となっていますが、付属品であるガラスケースなどは取り外す必要があります。

人形供養祭が中止になってしまっても、発送による受付は行っているそうです。

供養料は4000円からお気持ちと記載されているので最低4000円で、上限はないということかもしれません。

ぬいぐるみに囲まれた生活を送っているという人はいませんか?うちには100体以上のぬいぐるみがあり、さすがにちょっと増えすぎてしまったのでそろそろ片付けないといけないなと痛感しているのですが処分しようするとなんだか祟られそうな気もしてなかなか捨てられません。

そんな時知人から紹介してもらったのが人形供養でした。

神社に直接行かなくてもネットから申し込んで送付するだけでお焚き上げをしてくれるというものです。

たかがぬいぐるみにお焚き上げなんて大げさかもしれませんが私は罪悪感なく穏やな気持ちで処分することができたので良かったと思っています。

母から受け継いだ人形にお悩みの方、ゴミに出すのは忍びなくて理想としては人形供養してあげたいと思われている方もいるかと思います。

とはいえ気になるのがお値段ですよね。

本来はゼロ円で処分できるものにお金をかけるわけですから。

できるだけ安い料金で供養してくれるところを探しているよという方におすすめしたいのがインターネットで申し込み可能な人形供養です。

ほとんどのところが1箱当たりの価格設定なので人形をたくさん持っているという人は利用しやすいと思います。

御霊抜き、ちょっとだけ難読漢字ですが読める方はいますか?おしょうぬきと読めたでしょうか。

お墓から遺骨を出す際やお仏壇を処分するときに行う法要のことで閉眼法要、魂抜きといったほうが分かりやすいかもしれません。

どうして魂を抜く作業を行わなければいけないのかというと、四十九日の法要の際に御霊入れという儀式を行っているためです。

御霊入れを行うことでお墓に魂が宿ると考えられています。

ですので、墓じまいをされたり仏壇を処分すると言った時には込められていた魂を抜かなけばいけないのです。

ゆえに、魂入れが済んでいない位牌はただの置物でしかありません。

タンスの中に眠っている雛人形にお困りではありませんか?お子さんが大きくなり雛人形を出さなくなったというご家庭も多いのではないでしょうか。

結婚された子供が引き継いでくれればいいのですが子供に恵まれなかった場合雛人形の存在に辛くなってしまうかもしれません。

子供の成長につれ自ずと飾られなくなるものですし、意外とすぐに活躍の場を失ってしまうのが雛人形ですよね。

終活として物を減らしていくことも考えなければいけませんのでまだ体が動くうちに大きいものを処分していくことが大切になってきます。

雛人形など小さいものは可燃ごみとして出すことができますがガラスケース入りのものは粗大ゴミに出す必要がありますので少し処分が大変です。

雛人形の処分でお困りなら

スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓